笑って眠れ

文章を書いたり読んだり、時々御朱印巡り。

5月の御朱印巡り

5月の御朱印巡りに行ってきました。

と言っても、今回のメインの目的は美術館の方。

まず行ったのは渋谷・Bunkamuraミュージアム

開催中の『俺たちの国芳 わたしの国貞』展を見てきました。

f:id:sweetstar770:20160601080920j:plain

これ、開催してるのは以前から知ってて、行ってみようかと思いつつ迷ってたんですが、先日『めざましテレビ』でここの特集をしていて、次にこれらの浮世絵が日本で見られるのはだいぶ先と聞き背中を押されました。

今週の金曜日で展示終了なのもあってか、平日の昼間なのに凄い盛況ぶりでしたね~。

外国の方も多かったです。

それでも、一枚一枚じっくり見ることができました。

この展示会はタイトル通り、江戸末期を席捲した二人の浮世絵師・国芳と国貞が手掛けた作品が展示してあるんですけど、私はどちらかというと、国芳の作品の方が好みです。

国芳は構図がダイナミックで、妖怪とか雄々しい男性の絵が特にすごい。

あと、猫を愛した絵師のようで、絵の中にちょこちょこ登場する猫のコミカルさが良かったです。

国貞の方は、描き込みが細かくて感動。女性の着物の柄なんかが一本一本超細かい線で描いてあったり、簪などの細工も丁寧。

浮世絵は下書きと刷りの行程を別の人がやってたりするんで、こういう細かいところ全部が全部国貞の手ではないんでしょうけど、思わず食い入るように見てしまうほど素晴らしかったです。

美術館を午前中に出る予定だったんですけど、長々と見てしまい、おみやげ買おうかと思って時計見たらもう1時。

ガチャガチャ回してオリジナルカプセルトイだけささっと購入しました。

f:id:sweetstar770:20160601082158j:plain

カプセルの横にある小さいのが中味で、マグネットです。

 

渋谷でコーヒー飲んでちょっとうろうろしてから移動。

今回は浜松町方面の寺社へ足を延ばしました。

地下鉄で大門駅まで行って、まずは芝大明神へ。

 

f:id:sweetstar770:20160601082456j:plain

f:id:sweetstar770:20160601083256j:plain

白い石の鳥居がシックで、割と新しい綺麗な都会的な神社ですが、上品な雰囲気が漂ったいいところでした。

そしてこの神社のすぐ近くにあるのが増上寺。

駅から続く大通りに門がデーンと建っています。

f:id:sweetstar770:20160601083453j:plain

『大門』という駅名は、この増上寺の門から来てるみたいですね。

 

そして、大門・浜松町と言えば、東京タワー。 

実は学生時代に何度か東京タワーに登ったことがあり、その際このお寺の境内を通り抜けたことがありました。

○年ぶりに来たけど、やはり東京タワーとのコントラストは見事。

f:id:sweetstar770:20160601083844j:plain

ここは徳川家の菩提寺になっていて、6人の将軍の墓所が設けられています。

なので、寺のしるしとして葵の御紋が使われてます。

写真に写っている建物は大殿(本堂)で、この中にある阿弥陀如来さまはとても厳かでした。黒本尊と言われており、勝運があるそうです。

そして境内はとても広く、ちょっとした散歩にピッタリ。

裏手にあった茶室がいい雰囲気でした。

f:id:sweetstar770:20160601084212j:plain

貞恭庵という名前で、皇女和宮さま(江戸幕府第14代将軍・徳川家茂の正室)ゆかりの茶室だそうです。

 

芝大明神と増上寺で頂いた御朱印です。

f:id:sweetstar770:20160601084506j:plain

 

さてさて5月ももう終わり。

6月は梅雨入りすると思いますが、次回はどこの寺社へ行こうかな。

広告を非表示にする